女性不妊、男性不妊

アンプル

身体に負担のすくない不妊治療は東京のこのクリニックで受けることができますよ!あんたのサポートをしてくれます!

妊娠したいけど、なかなか妊娠することができない場合は、病院で不妊治療することが大切です。
不妊治療したからといって、妊娠できるわけでは無い、と思っている人も多いですが、不妊治療は一昔前よりも非常に進化しています。
不妊の原因が見つかり、適切な治療をして、自然妊娠したカップルもたくさんいます。病院で検査をして、原因が見つかり、治療をすることで妊娠する可能性もあるのです。

不妊治療は様々な方法がありますが、その中でよく使用されるのが排卵誘発剤です。排卵誘発剤は、不妊治療では必要不可欠な物となっています。
妊娠するためには、排卵する必要があります。排卵が起こらずに、性行為をしたとしても妊娠することはできません。
ですから、排卵障害がある人は、排卵誘発剤を投与することが多いです。経口薬や注射などで投与します。排卵障害が無い人でも、妊娠する確率を挙げるために、排卵誘発剤を使用することもあります。
排卵誘発剤に抵抗がある人、恐いイメージを持っている人もいますが、卵子に作用することは無いので、排卵誘発剤を使ったからといって奇形を持った子供ができることはありません。

女性不妊の場合は、排卵誘発剤を使うことが多いですが、男性不妊の場合も自然妊娠することが難しいです。
精子の元気が無い、精子が少ない、という時は直接精子を採取します。これを顕微授精と言います。顕微授精では、元気がある精子を採取して女性の子宮に注入します。
顕微授精を行うのは、男性不妊の他にも、高齢出産を望んでいる人に行うこともあります。